ごあいさつ

これまで道内各地の総合病院と精神科病院で、合わせて20年以上こころの医療に携わってさまざまな経験を積んできました。心がけてきたことは、生きづらさや困難を抱えている方に対して、長期的な視点に立った対応をご本人と共に考えて行くことと、できるだけ少ない種類、容量での薬物治療を行うことです。また、ご高齢の方の物忘れを含めた精神的な症状や不安などに積極的に対応していくことは、地域の中で特に重要な役割と考えております。
来院していただいた方の悩みに寄り添い、本人や関わる人達の生活の質が少しでも改善できるよう、職員一同努力していきます。よろしくお願いいたします。
                院長  長栄 洋(ちょうえい ひろし)

院長略歴

長栄 洋(ちょうえい ひろし)…
1997年札幌医科大学卒業
医学博士(札幌医科大学2003年)
精神保健指定医
精神神経学会認定精神科専門医

副院長略歴・ごあいさつ

長栄 未来(ちょうえい みらい)… 2005年札幌医科大学卒業。精神保健指定医

心のありようは多種多様で、正解が見つかるものではありません。その一方で、精神科の診察では、医学的な診断や治療の診立てが必要です。精神科診療における矛盾のように思っていましたが、最近はむしろ、その双方の視点を大切に診療することを心がけるようになりました。
精神医学の知見をもって、皆さまのお役に立てられれば幸いです。